ニーズ別で選ぶおすすめETCカード

JCB EIT(エイト)カードのETCカード

JCB EITカード・ETCカードの券面

JCB EIT(エイト)カード・ETCカードの公式サイト≫
年会費無料でありながら、海外旅行傷害保険が自動付帯、そしてポイント還元率が1%ということで、JCBカードの数多くのカードラインナップの中で、今一番人気なのがこの「JCB EIT(エイト)カード」です。

JCBカードは、一般カードのほとんどがポイント還元率は0.5%なのですが、この「JCB EIT(エイト)カード」はオンライン限定申し込み受付で人件費を削減するなどし、1%のポイント還元と海外旅行傷害保険自動付帯を実現されています。

もちろん、ETCカード利用分についても、ポイント1%還元です。

ですので、JCBカードでポイント還元率が高いETCカードをお探しの方におすすめですし、最短3営業日でカード発行となりますので、お急ぎの方にもおすすめとなります。

また、「JCB EIT(エイト)カード」は、後払い型電子マネー「クイックペイ(QUICPay)」搭載も選ぶことができ、「クイックペイ(QUICPay)」はエネオス、昭和シェル石油、エッソ石油ガソリンスダンドで支払いに利用できますので、ガソリン給油をこれらのスタンドですることでポイントを貯めることもできます。

JCB EIT(エイト)カードのETCカード申し込み


クレジットカード&ETCカード年会費

■クレジットカードもETCカードも永年年会費無料です。

JCB EIT(エイト)カードのポイントプログラム

ポイント付与について
■JCBカード共通のポイントプログラム「OkiDokiポイント」は、ショッピングや飲食、ETCカード利用分、公共料金支払い等に関しても、カード利用月額「1000円ごとに1ポイント」付与されるのですが、「JCB EIT(エイト)カード」の場合は2倍付与となっていますので「1000円ごとに2ポイント」付与されます。
「1ポイント=5円相当」の価値ですので、1%のポイント還元率とります。

ポイント利用とポイント交換について
■JCBカードのOkiDokiポイントのポイント交換は、おおむね「1ポイント=5円」相当として、商品券や商品、カード利用代金充当、そして提携ポイント等への交換ができます。また、アマゾンで買い物代金の支払いにも利用できます。

交換できる商品券としては、JCBギフトカード、nanacoカード、ハーゲンダッツギフト券、iTunes Card、スターバックスカード、Francfrancギフトカード、モスバーガーカード等があります。

カード利用代金充当(キャッシュバック)は、カード利用代金の支払いに充当できるサービスで、「1ポイント=5円」換算で1000ポイント単位で充当できます。
※500ポイント単位での交換の場合は、「1ポイント=3円」換算となります。

■OkiDokiポイントはポイント交換先として、多数の提携ポイントがあります。
・JALマイル・ANAマイル・デルタ航空スカイマイルへは、「500ポイント=1500マイル」となり、移行手数料はかかりません。
・Tポイントへは、「500ポイント=2500Tポイント」となり、移行手数料はかかりません。
・楽天スーパーポイントへは、「500ポイント=2500楽天スーパーポイント」となり、移行手数料はかかりません。
・nanacoポイントへは、「200ポイント=1000nanacoポイント」となり、移行手数料はかかりません。

以上の他にも、ドコモポイント、auポイント、ソフトバンクポイント、楽天Edy、ベルメゾンポイント、ビックポイント、JTBトラベルポイント、スターバックスカードチャージ他へのポイント交換が可能です。

アマゾンでの利用は、Amazon.co.jpでの商品の購入時に、「1ポイント=3.5円相当」として1ポイントから利用できます。
1ポイントの価値が3.5円となるので少し損をしますが、ポイントが貯まるのが待てなかったり、ポイントの有効期限が近づいてまとまったポイントになっていない場合など、アマゾンでの買い物に利用すると良いです。アマゾンでポイントを利用するには「MyJCB」での設定が必要です。

ポイントの有効期限について
■ポイント有効期限は、最長2年

カード会員モール「OkiDokiランド」

■JCBカードは会員限定の『OkiDokiランド』があり、『OkiDokiランド』経由でネットショッピングをすると、通常のポイントに加えてポイントが付与されます。

モール参加ショップの一例として、楽天市場、アマゾン、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、イオンモール、セブンネットショッピング、DeNAショッピング、ヤマダモール、ポンパレ、ベルメゾン、セシール、ニッセン、LOHACO(ロハコ)、シャディ、JTB、近畿日本ツーリスト、日本航空など多数の有名ネットショップ参加していますので、ネットショラッピングの際は、『OkiDokiランド』に参加していないか確認してのショッピングをおすすめします。

電子マネー「クイックペイ(QUICPay)」搭載と利用

■「JCB EIT(エイト)カード」は、6種類のカードデザインが用意されていて、3種類はあらかじめ「QUICPay(クイックペイ)」が搭載されています。
搭載されていない3種類も、クイックペイ専用カードを追加で発行することができます。
また、6種類全てのカードで、携帯電話・スマートフォンで利用できる『QUICPayモバイル』の利用もできます。
いずれの「QUICPay(クイックペイ)」利用も年会費は無料です。

■「QUICPay(クイックペイ)」利用分は、「JCB EIT(エイト)カード」のカード利用代金として引き落とされ、「1000円ごとに2ポイント」付与されます。
カード決済しづらいコンビニなどでの少額の決済を「QUICPay(クイックペイ)」ですることで、少額分も無駄にすることなくポイント獲得につなげられます。

「クイックペイ(QUICPay)」は、エネオス、昭和シェル、エッソ石油ガソリンスタンドでも利用できます。

海外旅行傷害保険が自動付帯

■「JCB EIT(エイト)カード」は、年会費無料でありながら、死亡・後遺障害保険金額最大2000万円の海外旅行傷害保険自動付帯されています。
自動付帯とは、海外旅行の際に特に手続きをしなくても、カードで旅行代金を支払わなくても、海外旅行時には自動的に保険適用となることさです。

■家族カードの方にも適用されます。

■海外旅行傷害保険を利用する機会が多い、怪我や病気の際の傷害・疾病治療費最大100万円

【リボ払いの初回手数料が無料】
EITは、リボ払いの初回手数料が無料です。また、毎月のお支払金額を千円〜利用限度額まで千円単位で自由に設定可能なので、お財布に合わせて返済額をコントロールできるので、便利に利用できます。

EITは、あらかじめ決めた設定金額を超えなければ手数料は発生しません。設定金額を超えた分に対して、翌月から手数料が発生します。

JCB EIT(エイト)カード・ETCカードの基本情報とお申込み

カード発行会社 株式会社ジェーシービー
カード発行日数 最短3営業日から一週間程度

※JCB EIT(エイト)カード申し込み時に「ETCカード」も同時申込可能。

申し込み基準 原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。

または高校生を除く18歳以上で学生の方。(一部お申し込みいただけない学校もございます。)

年会費 永年無料。
家族カード年会費 永年無料。
ETCカード年会費 永年無料。
国際ブランド JCBロゴ 
電子マネー QUICPay
ポイント価値 1ポイント=5円
ポイント有効期限 最長2年。
ポイント交換 ●商品券・商品、200ポイントから。

●カード利用代金充当、450ポイントから。
●提携ポイントへの交換、200ポイントから。
●アマゾンで買い物代金の一部に使う、1ポイントから。

付帯保険 海外旅行傷害保険(自動付帯)

ショッピングガード保険(国内・海外)
JCBでe安心制度

付帯サービス・特典 ●JCB加盟店優待割引など。

●人気チケットの先行予約や割引。
●JCBトラベルサービス。
●JR東海プラスEXサービス。

 

JCB EIT(エイト)カード公式サイトへ