学生もETCカードは作れるのか? 作れます!

学生もETCカードを作れるのか?

結論から言えば「学生でもETCカードは作れます」

基本的に、ETCカードはクレジットカードの追加カード(子カード)として発行されます。

クレジットカードは一般的に、高校生を除く18歳以上であれば作れます。
したがって、18歳以上であれば、大学生、短大生、専門学校生、大学院生、そして高専の4年・5年生でもETCカードを作れます。

ただし、20歳未満(未成年)の方は、クレジットカードを作る際にも親権者の同意が必要です。

自分名義でETCカードを作るか、家族カードでETCカードを作るか

学生の方がETCカードを作るには、2つの選択肢があります。

ETCカードはクレジットカードの追加カードとして発行されると前述しましたように、まずは、クレジットカードを作らなければなりまらん。
学生がクレジットカードを作るには、「自分名義のクレジットカード」を作るか、「親のクレジットカードで家族カード」を作るか、この2つの選択肢があります。

自分名義のクレジットカードでETCカードを作る
自分が本会員となってクレジットカードとETCカードを申し込むと自分名義のカードが発行されます。
ETCカード利用分も含め、クレジットカードの利用明細が自分の住所へ送付されるので、親権者(例えば親)にクレジットカードの利用内容が知られません

ただし、未成年である場合は、クレジットカードの入会審査の過程で親権者の同意が必要となります。

20歳以上の成人の学生の場合は、必ずしも親権者の同意を必要としませんが、親権者の同意がないと、クレジットカードの利用限度枠が低く設定される場合もあります。
学生の場合は、一般的にクレジットカードの利用限度枠は最高でも30万円ですが、親権者の同意がないと10万円とか20万円に設定される場合もあります。

また、学生がクレジットカードを申し込みをした際の審査対象は親権者となります。

ですので、いずれにしろ、学生の方でクレジットカードとETCカードを作る場合は、親権者に一報しておくのが無難です。

●学生の方がクレジットカードとETCカードを作るなら、やはり、学生向けに発行されているクレジットカードだと審査もスムーズですし、付帯サービスも充実しているのでおすすめです。
例えは、『学生専用ライフカード』があり、学生には人気のクレジットカードとなっています。ETCカードも同時申し込みができます。

●また、三井住友VISAカードが、学生や新社会人向けに発行している『三井住友VISAデビュープラスカード』もオススメです。ETCカードも同時申し込みできます。三井住友VISAカードはカードセキュリティ体制の評価も高く信頼度No1のクレジットカード会社です。

●もちろん、学生の方でも、一般の社会人向けのクレジットカードに申し込んでETCカードを作っても差し支えありません。当サイトで紹介しているETCカードは、ほぼ全て、学生の方も申し込み可能となっています。


家族カードでETCカードを作る
家族カードとは、本会員である親のクレジットカードの子カードとして発行されるカードです。

その家族カードでETCカードも発行することができます。

本会員の方が問題なくクレジットカードを使っていれば、ほぼ問題なく家族カードが発行され、ETCカードも発行されます。

クレジットカードの利用代金も、ETCカードの利用代金も、本会員のクレジットカードに請求されます。
ですので、本会員である親に、クレジットカードの利用がすべて知られるということになります。

ですが、家族カードの利用限度枠は、本会員が家族カードを含めての利用限度枠となのますので、本会員の利用限度枠が100万円とか200万円でしたら、かなり余裕を持って使えるのではないかと思います。

親がゴールドカードやプラチナカードの会員であれば、利用限度枠はもっと高く設定されています。

家族カードの申し込みも、家族カードでのETCカードの申し込みも、全て本会員の方がすることになります。

親にクレジットカードとETCカードの発行手続きをしてもらい、親にクレジットカードり利用内容をすべて知られてしますのがちょっとイヤかも、という学生の方は、自分名義でクレジットカードとETCカードを作るのがいいかもしれません。